更年期の年齢と症状とは?

最近なぜか体調がすぐれない、些細な事でイライラ、そんな時、もしかして更年期?と思う事はありませんか。
女性の場合、閉経前後の10年間が更年期と呼ばれます。
日本人女性の閉経平均年齢は50歳頃なので、一般的に45歳から55歳が目安と言えます。
勿論、閉経には個人差があるため、すべての女性に当てはまる訳ではありません。

 

更年期の代表的な症状に、イライラやのぼせ、発汗などがあげられます。
その他に、立ちくらみや動悸などの症状も見られます。
どれも不快な症状ではありますが、その重症度にも個人差があり、不調をほとんど感じない方もいれば、重い症状のため寝込んでしまったり、日常生活に支障をきたす場合もあります。
これら更年期障害の原因は、卵巣で分泌されるエストロゲンという女性ホルモンが減少するためです。
エストロゲンの分泌量は30代半ば頃から徐々に減り、40代半ばからは急激に減少すると言われています。
加齢とともに卵巣機能が低下しているため、エストロゲンを促す機能が衰えていきます。
女性の40〜50代は年齢的に職場での立場の変化や子供の独立、親の介護、看取りなど激動の時期になります。

 

ストレスや疲労で更年期が重くなる場合もあります。
上手にストレス解消して、この時期を快適に乗り切りたいものです。

 

 

女性の更年期が始まる年齢と原因は?

女性の更年期の年齢は、閉経と大きく関係しています。
日本人女性の閉経の平均年齢が約50歳ということから、閉経前後の5年間に当たる45歳〜55歳が、更年期が始まる年齢の目安になります。
また、女性ホルモンの分泌量が少ない事に体が順応するまでの2年〜3年がピークとされています。

 

閉経は、誕生時に保有していた原始卵胞約200万個が枯渇してしまう現象であり、卵胞ホルモンのエストロゲンの分泌量が著しく低下します。
その影響で、自律神経に機能障害が生じ、ホットフラッシュやスウェッティング、肌の乾燥などの身体的な異常症状に加え、イライラなどの精神的な症状が現れるケースがあります。

 

更年期は、ホルモンの血中濃度を測定する事で、原始卵胞の残量や卵巣の状態が確認でき、閉経の年齢と合わせて、更年期の年齢もある程度推測する事が出来ます。
治療法としては、内服薬や貼り薬によりエストロゲンとプロゲステロンの不足を補うホルモン補充療法、漢方療法や抗不安薬、抗うつ薬による薬剤療法が主に行われています。

 

 

更年期になる年齢の平均は?

年齢とともに体の不調に悩む女性が多くなっていきます。
更年期には個人差がありますが、平均的な年齢がわかるとあらかじめ対策を検討できるようになるでしょう。
中には、症状が現れない人もいますが、何らかの変化は感じるものだと考えて構いません。
まず、閉経の前後5年間を更年期と呼ぶのが一般的で、閉経の平均年齢は50歳といわれています。

 

つまりその前後5年間を含めた、45〜55歳が更年期に該当するというのが基本的な考え方です。
また、40代に入り、生理不順を感じ始めたら、更年期に向かっているため、生活習慣や食生活の改善など対策を行っていくことが良いでしょう。
女性ホルモンの1つであるエストロゲンの分泌が減少することで、疲れや倦怠感、集中力の低下、精神的な興奮状態、多汗などの症状が出やすくなります。

 

幸い、婦人科でもホルモン充填をする療法が受けられますし、食品にもエストロゲンを増やすことが期待できるものが多いので、対策を考えるのは難しくありません。
ただし、不調が起こるタイミングがわからないと対策を始められないので、更年期の訪れる平均年齢を知っておくことが重要です。

 

 

男性の更年期障害が起こる年齢と症状とは?

現代では、女性だけでなく男性も更年期障害に悩まされる人が増えています。
男性更年期障害も女性と同様に、ホルモンバランスが乱れることで発症します。
ホルモンの中でもテストステロンという男性ホルモンが減少することが症状を引き起こす原因だと言われています。
このテストステロンは、加齢と共に減少していきます。

 

女性のように、閉経の前後で急激なホルモンバランスの乱れが起こるのではなく、徐々に減少していきます。
このようなことからも、女性のように更年期障害の発症年齢がはっきりしないため、男性の場合、40代で発症する人や60、70歳を超えても症状が出ないという人もいるため、発症年齢は様々です。
男性更年期障害の症状で代表的なのは性機能の低下です。
精巣から分泌されるフリーテストステロンが減少することで、EDを発症することがあるとか。
また、性機能の低下と同様に自律神経失調症状も代表的な症状の1つです。

 

通常、ホルモンの分泌が正しく行われることで、自律神経のバランスを保ちますが、ホルモンバランスが乱れることで鬱や疲労感、食欲不振などの症状を起こしてしまいます。

 

 

30代でも発症する?

女性の更年期は、閉経年齢の前後5年に当たる45歳〜55歳と言われていますが、最近では、若年性更年期障害の症状に悩む20代後半〜30代の若い女性も多くいます。
更年期は、一般的に20代でピークになるエストロゲンの分泌量が、40代後半になり20代の分泌量の半分以下になります。
すると、エストロゲンが不足し、生理不順、スウェッティング、ホットフラッシュ、疲れ、イライラ、冷え、腰痛、肩こりなど様々な症状を発症します。

 

30代で発症する若年性更年期の原因としては、過剰なストレスを蓄積している若い年齢の女性が増えた事に加え、過度の飲酒や喫煙、運動不足などの不規則な生活習慣、過剰なダイエットなどによるホルモンバランスの乱れを起因する自律神経の変調です。
自律神経は、活動時に活発化される交感神経と安静時に活発化される副交感神経のバランスを調整する事で、循環器系や消化器系、呼吸系などの活動を正常に維持しています。
その為、自律神経の乱れは肉体的な症状に加え精神的な症状を併発し、体中に症状が現れる事が多々あるので、30代だからと言う固定観念を捨てる必要があります。

 

若年性更年期障害は、発症年齢が30代と若い事もあり、周囲には理解されにくいので、悩むよりも早期治療が賢明です。

 

 

参考ウェブサイトを紹介!

更年期と年齢に関わる話を詳細解説していきました。
更年期には色々と症状が起きてくるものですが、その中にはニキビもまたあります。

 

ニキビは、若い間だけだと思っている人が多いと思いますが、
実は、更年期になっても、ホルモンバランスのくずれや、肌のトラブルなどが原因で発生するんです。

 

ニキビについてはコチラのサイトが参考になるかと思います。
ヨクイニンはニキビに効果がある?

 

あなたのご参考になればと思います。

 

執筆 田中